シャルトルとフォンテーヌブロー宮殿

シャルトルとフォンテーヌブロー宮殿はパリから少し離れていますが、どちらも世界遺産に登録されています。

パリから一時間程で、広大な田畑や平野に囲まれた場所です。
どちらも素敵な街でした。改めて、パリは独特の雰囲気なんだなと思いました。

シャルトルは左側がゴシック建築、右側がロマネスク様式になっています。

20140404-014216.jpg

ステンドグラスがとても美しかったです。12世紀や13世紀のもので、荘厳な輝きでした。

20140404-014346.jpg

シャルトルという名前で知られていますが、正式名称はノートルダム大聖堂で、聖母マリアに捧げられています。ノートルダムNotre Dameとは聖母マリアを指しています。

20140404-015906.jpg

20140409-144156.jpg

フォンテーヌブロー宮殿は歴代の王達が住んでいた場所です。フランソワ1世によって建築された後何度も増築が繰り返され、現在目にするのはナポレオン時代のものだそうです。

20140509-145949.jpg

石畳に鉄格子の門。お城の入り口まで遠いです。ここをナポレオンは馬車で通ったんでしょうね。
ここは告別の庭とも言われています。

20140509-144457.jpg

庭も広大。敷地は25000ヘクタールだそう!

20140509-145552.jpg

20140509-150616.jpg

王座の間。ナポレオンが改装し、ここで宣誓の儀式などが行われていました。上部飾りにはナポレオンの「N」のマークがあります。

20140509-150659.jpg

皇帝の私室。ここでナポレオンは退位の決意を固めました。

20140509-150728.jpg

三位一体礼拝堂。ここで国王や王妃が毎日ミサに参加しました。

20140509-152136.jpg

ルイ13世の間

20140509-152225.jpg

20140509-210500.jpg

他にもフランソワ1世の回廊や、マリーアントワネットやジョゼフィーヌが住んでいや皇后の部屋、舞踏会の広間など豪華絢爛でした。

歴代の帝王が積み重ねてきた歴史と、面影を感じられるお城でした。

カテゴリー: レッスン, 未分類   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>